ここから本文です
HOME > 私のまちのごひいきさん
ここから本文です

 「私のまちのごひいきさん」は、JA福岡市東部管内の福岡市東区・博多区内で、当JA職員がおすすめするお店やお取引先の企業等をご紹介しています。ぜひ足を運んでください。

博多水炊きと鶏すきの店とり勝・博多鉄板じゅん

2020年3月1日 - 博多区金の隈・博多区浦田
とり勝のメニュー一例
とり勝のメニュー一例
とり勝(外観)
とり勝(外観)
とり勝(店内)※ほかにカウンター席やテーブル席もございます
とり勝(店内)※ほかにカウンター席やテーブル席もございます
じゅんのメニュー一例
じゅんのメニュー一例
じゅん(外観)
じゅん(外観)
じゅん(店内)※ほかにテーブル席や個室もございます
じゅん(店内)※ほかにテーブル席や個室もございます

 昭和40年創業の「博多水炊きと鶏すきの店 とり勝」は、今年で創業55年を迎えます。とり勝の水炊きは、鶏と野菜の旨味を引き出すスープが特徴。創業以来変わらぬ味を守り続けています。店内には、ゆっくりと時間を過ごせる大広間があるため、宴会や法事など大人数での理容が多いですが、少人数で気軽に立ち寄る方もいるそうです。
 平成19年3月にオープンした「博多鉄板 じゅん」は、目の前で旬の食材やこだわりの肉を焼きあげてくれるお店です。友人とのランチから特別な日の食事まで、予算に合わせて幅広いメニューを用意しています。
 両店舗は株式会社カワハラが展開するグループ店です。どちらも一番の特徴は食材へのこだわりで、職人が納得したものだけを使っています。使用する野菜はほとんどが福岡県産。鶏肉は鮮度を重視した朝引き肉を、牛肉は九州産の良質な肉を仕入れています。また、少人数から大人数まで様々なシーンで利用してもらえるよう、カウンター席のほかに個室も用意しています。「これからも地元のみなさまに親しまれるお店となるよう努力を続け、創業100年を迎えたいです」と話す代表の河原さん。「50年後も愛されるお店」をめざして、食に対して真摯に向き合い続けるお店です。

店情報
◆博多水炊きと鶏すきの店 とり勝
住所:福岡市博多区金の隈3-16-67
営業時間:11:30~15:00(OS 14:00)/17:30~22:00(OS 21:00)
定休日:火曜日(月に1回不定休)
駐車場:15台
電話:503-3131
HP:http://www.torikatsu.com

◆博多鉄板 じゅん
住所:福岡市博多区浦田2-21-7
営業時間:11:30~15:00(OS 14:00)/17:30~22:00(OS 21:00)
定休日:火曜日(月に1回臨時休業あり)
駐車場:15台
電話:503-1131
HP:http://www.hakata-jun.com

焼とり権兵衛 香椎店

2020年1月1日 - 福岡市東区香椎駅前


代表の岡部さん
代表の岡部さん

姉妹店の吉塚店は、JA吉塚駅から徒歩約10分
姉妹店の吉塚店は、JA吉塚駅から徒歩約10分

 香椎駅前で昭和56年から営業を続ける「焼とり権兵衛 香椎店」。地域の人々に長年親しまれているお店です。お客さんは、仕事帰りのサラリーマンを中心に30代後半から60代と幅広く、最近は常連さんの中でも親子2代でお店を利用する方が増えたといいます。現在は区画整理のため仮店舗で営業中。駅が近いこともあり、昔ながらのお客さんに加えて、若い世代の来客も伸びているそうです。
 一番人気は、権兵衛名物の「とりかわ」。自家製のたれで漬け焼きし、外はカリカリ、中はジューシーな焼き上がりで、グループのお客さんからは、10本単位で注文が入る一品です。「豚バラ」や「砂ずり」も根強い人気があります。また、「豚足」も隠れた人気メニュー。「ここの豚足は美味しい」と好評です。
 「『子どもの頃、親に連れてきてもらった』『昔よく立ち寄っていた』というお客さんに、懐かしいと感じてもらえるような店づくりをしたい」と話す代表の岡部さん。2代目として店を引き継いだ岡部さんだからこそ大切にしている「昔と変わらず愛されるお店」に対するこだわりが、料理だけではなく、店内の雰囲気からも感じられます。また、「もっと多くの人に『権兵衛』の焼きとりを味わってほしい」という思いから、2015年6月に博多区吉塚に吉塚店をオープン。現在は、東区と博多区の2店舗で、権兵衛の味を広めています。
 区画整理後の新店舗での開業準備も進んでおり、以前と同じ場所で、同じような雰囲気のお店にする予定だそうです。「お客さんには、新しいお店になっても変わらずに足を運んでほしいです」と話す岡部さん。昭和・平成・令和と愛され続ける「権兵衛」の焼きとりや串焼きをぜひ味わってみてください。

店情報
◆香椎店
現住所(仮店舗):福岡市東区香椎駅前2-51-3-1
新住所(新店舗):福岡市東区香椎駅前1-10-1
営業時間:平日 17:00~24:00/日・祝 17:00~23:00
店休日:木曜日
電話:092-672-3637
◆吉塚店
住所:福岡市博多区吉塚5-1-3
店休日:日曜日
※詳しくはホームページでご確認ください

BE:SENSE(ビ・センス)

2019年11月1日 - 福岡市東区多々良


店内の写真や小物は定期的に入れ替え、季節感を出しています
店内の写真や小物は定期的に入れ替え、季節感を出しています


 1979年に創業した「BE:SENSE(ビ・センス)」。2代目オーナーの石橋孝一さんがカットから仕上げまでを一人で担当するプライベートサロンです。お客さんは金陳に住んでいる方が多く、先代からのお付き合いの方もいらっしゃるそうです。男性客がほとんどですが、顔そりなどの特殊なメニューは女性客の来店もあります。
 「お客さんの希望を聞きながら、髪質にあったヘアスタイルを提案しています」と話す石橋さん。長年の経験と高い技術で、一人ひとり丁寧に対応しています。特に立体感や束感を出すカットが得意で、レザー(カミソリ)を使った3Dカットやフェードカットも行っています。アイロンを使ったパーマも、スタイルが持続しやすいと好評です。また、「お客さんにリラックスしてもらいたい」という思いから、オプションでマッサージやヘッドスパのメニューも提供しています。
 完全予約制ではありませんが、一人で営業しているので、待ち時間が発生する場合もあります。事前にお電話の上でのご来店がおすすめです。

メニュー
メンズカット(シャンプー・顔そり込み):3,600円
メンズパーマ(カット込み):7,000円
※オプションでヘッドスパ(500円~)もオススメしています
レディース顔そり:1,800円
※レディースエステも受付けています

店情報
BE:SENSE(ビ・センス)
住所:福岡市東区多々良1-11-12
営業時間:9:00~19:30
定休日:毎週月曜日・第3月曜、火曜日
駐車場:2台
電話:671-1985
HP:https://design-note.wixsite.com/besense-homepage

チャイニーズダイニング空海

2019年9月1日 - 福岡市東区雁の巣
「鶏の一本揚げ」や「野菜炒め」も人気。白麹を使ったオリジナルラベルの焼酎も味わえます
「鶏の一本揚げ」や「野菜炒め」も人気。白麹を使ったオリジナルラベルの焼酎も味わえます

おすすめの坦々麺は、辛さを追加することもできます
おすすめの坦々麺は、辛さを追加することもできます
四川麻婆豆腐は、山椒の香りが食欲をそそります
四川麻婆豆腐は、山椒の香りが食欲をそそります
ミルク味の氷を専用の機械で削った「台湾かき氷」はふわふわの食感です
ミルク味の氷を専用の機械で削った「台湾かき氷」はふわふわの食感です

雁の巣レクリエーションセンターから和白方面に向かって徒歩約5分の場所にある中国料理店「チャイニーズダイニング空海」。店主の川原さんが、「日本人向けの”中華料理”とは異なる”中国料理”の魅力を、多くの人に知ってもらいたい」とい思いから、2018年3月にオープンしました。
川原さんは17年間、ホテルのレストランで中国料理を担当。そのうり8~9年間は、広東料理を専門としていました。油を極力使わず、中国料理の中では比較的ヘルシーな広東料理の調理方法が、お店のメニューにも活かされています。
おすすめのメニューは、坦々麺や焼き餃子、糸島野菜の炒め物です。また、メープルシロップや黒胡椒ソースなど、好みの味付けを選べる豚スペアリブの焼き物も人気です。使用する野菜と魚介類は、福岡県産の新鮮なものにこだわっています。来店客は家族連れやグループでも利用が多く、仲間とにぎやかに過ごすのにぴったりです。一人で行ってみたい方には、坦々麺が味わえるランチタイム(平日のみ)がおすすめです。
「高級なイメージを持たれがちな”中国料理”ですが、できるだけ手ごろな価格で提供しています。是非食べに来てください」と話す川原さん。店主の中国料理に対する思いが詰まった、本格的な料理を味わえるお店です。

店情報
住所 東区雁の巣2-32-3
営業時間 
・ランチタイム(平日のみ)
11:30~14:00(ラストオーダー13:30)
※2019年8月31日まで、JR奈多駅前で台湾かき氷を販売しているため、ランチタイムをお休みしています。
・ディナータイム
18:00~22:00(ラストオーダー21:30)
休み 火曜日
駐車場 あり
電話 405-8007
facebook チャイニーズダイニング空海
Instagram chinesediningconghai

旬彩TOKOMA

2019年7月1日 - 福岡市東区松崎



開店5周年のお祝い。常連客に囲まれての思い出の一枚
開店5周年のお祝い。常連客に囲まれての思い出の一枚
ご夫婦の似顔絵が描かれた看板は、常連客からのプレゼントだそうです
ご夫婦の似顔絵が描かれた看板は、常連客からのプレゼントだそうです

地元・松崎出身の舟越誠さんと奥さんのふみさんが切り盛りする「旬彩TOKOMA」は、オープンして6年目の飲食店です。店内は木目を生かした温かい雰囲気。掘りごたつの座敷やテーブル席、カウンター席もあり、ゆっくりと食事が楽しめます。来店客の多くは近隣に住む方で、年齢層も幅広いそうです。「家族の帰省で食事に来られたり、近所の奥さんたちが女子会を開いたり。地域の方が憩う場所になっています」と舟越さんご夫婦は話します。
おすすめのメニューは、新鮮なお刺身やしょうゆベースのもつ鍋です。特にもつ鍋は、オープン当初から和牛にこだわって提供しています。単品のメニューも充実しており、料金をプラスすると「ごはんセット」にすることも可能。お酒が飲めない方でも気軽に食事を楽しめます。リクエストメニューにもできる限り応えているそうです。また、パーティーや宴会などのグループで利用されたい方にはコース料理も準備。最大50人まで対応できます。お昼の営業はありませんが、数量限定の日替わり弁当を、店頭で11時頃から販売しています。
「仕事帰りなど気軽に立ち寄ってほしいです」と笑顔で話す舟越さんご夫婦。お客さんとの絆も深く、昨年の5周年記念には、近所の常連客が60人ほど集まってお祝いをしてくれたそうです。地元のファンを増やしながら6年目を迎えた「旬彩TOKOMA」。美味しい夜ご飯を食べたい方、家族や仲間とゆっくり食事を楽しみたい方にぴったりのお店です。

店情報
住所 東区松崎2丁目5-2
営業時間 17:00~23:30(オーダーストップ22:30)
休み 月曜日
電話 661-6705