ここから本文です
HOME > JAとは

JAとは

|JAとは 
 JAとは、Japan Agricultural Co-operatives(日本の農業協同組合)の略で、新しい農業協同組合(農協)のイメージを象徴する愛称として平成4年4月から使用しています。

 JA(農協)は、人々が連帯し、助け合うことを意味する「相互扶助(そうごふじょ)」の精神のもとに、組合員農家の農業経営と生活を守り、よりよい地域社会を築くことを目的としてつくられた協同組合です。

 この目的のためにJAは、組合員の農業経営・技術指導や生活についてのアドバイスを行うほか、生産資材や生活に必要な資材の共同購入を行ったり、農産物を共同で販売したり、農業生産や生活に必要な共同利用施設の設置などを行っています。

 また、貯金の受け入れや融資を行う信用事業や万一の場合に備える共済事業などさまざまな事業や活動を行っています。

さらに最近では、高齢者福祉活動や学童農園への支援、ファーマーズマーケットなど地域社会とのつながりを強める活動に取り組んでいます。

  JAマーク

JAのシンボルであるJAマークは平成4年4月、農協の新しい愛称「JA」のスタートとともに登場しました。
三角形のデザインは「ゆるぎない大地」をイメージさせ、三角形は「自然」、Aの部分は「人間」、左端の球は「農業の豊かさ」「実り」と、「人間の和」を象徴しています。
このページの先頭に戻る
 
|組合員とは
 JAの組合員資格には、正組合員(農家)と准組合員があります。

 このため、農家でない人でも、それぞれのJAで定めた加入手続きに従い、出資金を払い込めば准組合員として組合員資格を得てさまざまな事業を利用することができます。

 近年は農家でない人の加入が増え、准組合員が組合員全体の3割を占めています。  

 
|JA綱領とは

 わたしたちJAの組合員・役職員は、協同組合員運動の基本的な定義・価値・原則(自主、自立、参加民主的運営、
公正、連帯等)に基づき行動します。
 そして、地域的視野に立って環境変化を見通し、組織・事業・経営の革新をはかります。さらに地域・全国・世界の協同組合の仲間と連携し、より民主的で公正な社会の実現に努めます。

1.地域の農業を振興し、わが国の食と緑と水を守ろう。
1.環境・文化・福祉への貢献を通じて、安心して暮らせる豊かな地域社会を築こう。
1.JAへの積極的な参加と連帯によって、協同の成果を実現しよう。
1.自主・自立と民主的運営の基本に立ち、JAを健全に経営し信頼を高めよう。
1.協同の理念を学び実践を通して、共に生きがいを追求しよう。

このページの先頭に戻る  
 
|JAの活動 
 ◎指導事業

 農家がお米や野菜を作ったり、家畜を飼ったりする際に技術や経営についてアドバイスをしたりする営農指導を行っています。地域農業計画の策定や地域の営農集団の育成、生産部会活動の育成支援など地域農業発展のための中心的な役割を担っています。また、食生活改善や健康管理、福祉活動、生活文化活動など、組合員の生活の向上や安心で豊かな暮らしづくりのための生活指導を行っています。

◎販売事業

 農業者が生産した農産物をJAが集荷して販売しています。JAの販売事業の基本は「共同販売」で行っており、共販をすることにより、農産物の数量もまとまり、一定レベルの品質も均一化され市場での有利販売につながります。最近では多様な販売チャンネルとして、JAが直接スーパーや量販店、外食産業などに直接販売したり、農産物直売所や店舗を設置しての販売も行われています。

◎信用事業

 組合員などから貯金を預かったり、それを原資として組合員などに貸出しを行ったりしています。JAの金融サービスはライフステージごとのニーズに応じて、住宅ローン、マイカーローンなど各種ローンのほか、資産運用などの相談にも応じています。民間で全国最大級の店舗網を構成しているJA・JA信連・農林中央金庫により構成されるグループの名称をJAバンクといいます。

◎共済事業

 病気や災害に備えて組合員が協同して保障し合い、損害の回復、農業経営と生活の安定をめざす共済事業を行っています。制度は異なりますが、生命保険や損害保険と同様の役割を果たします。

このページの先頭に戻る
 
 |JAグループの組織図
 



このページの先頭に戻る