ここから本文です
HOME > ファーマーズ広場 > 農業体験農園「百姓園」を開園し、今年で7年目
ここから本文です

ファーマーズ広場

一覧へ

農業体験農園「百姓園」を開園し、今年で7年目

- 福岡市東区勝馬 北本雅義さん


「百姓園」(農業体験農園)は今年で7年目
 園主の北本雅義さん(36)は野菜の旬のおいしさや野菜作りの楽しさを消費者に身近に感じてもらおうと、福岡市東区勝馬に農業体験農園「百姓園」を開園し、今年で7年目を迎える。利用者は30~60代のファミリーや友人同士、企業の社員など40組で、自然あふれる山間の空気を吸いながら楽しんでいる。
 農作業に必要な農具、時期に合わせた種や苗、肥料などは全て農園が用意するので初めての方にも利用しやすい。一年間の作付け表をもとに、種のまき方、肥料の施し方、水やりなどの指導を受けながら1区画30平方メートルに約100種類(共有栽培も含む)の野菜を作る。「昨年、ハウスでトマトを育て、おいしいと喜んでいただけました。今ハウスでは、イチゴの花が咲き、実が赤く色づいています。会員の方に喜んでいただけたらと苗を植えてみました。1区画30平方メートルに加え、5~6人を1グループにして、各グループで話し合って好きな野菜を作ってもらうという事も始めました」と、利用者の「おいしい野菜をもっと作りたい」の要望に応える北本さん。

利用者とともに発展する農園
 野菜作りだけでなく山菜取りなど山里の自然と触れ合うイベントも行っている。開園当初から利用するベテランの方を中心に果樹部ができた。部ができるまで、北本さんが栽培したビワ、甘夏などの収穫体験を行ってきた。利用者から「自分の植えたいものを一から育て収穫を体験したい」の声に、北本さんは休耕田を提供した。「有志の企画で、昨年の10~12月に草刈りをして開拓し、野菜作りだけでなくレモン、ブルーベリー、オリーブなどの果樹を栽培しようと張り切っています。仕事や時間に追われる毎日から解放され、土に触れ自然と戯れる、このような時間を過ごしていただきたいと思います。園は大人や子ども、セカンドライフを送る人々の遊び場にもなっています。今皆さんが計画しているのは『ピザ釜をつくろう』だそうですよ」と積極的に楽しむ利用者の事を笑顔で語る北本さん。「人が集まるとおのずといろいろな意見が出て、私自身も勉強させていただいています。『北本さん、どのようにしたらいい?教えて?手伝うよ』と声も掛かり、皆さんとは続ければ続けるほどいい関係ができていくと実感しています。皆さんとは家族みたいです」。北本さんは利用者の要望や構想に応えようと今後も尽力し続けます。

メモ
相談していただければ園主の方で管理補助をしますので、週末にちょっと息抜きに来るようなそういう場所にしたいと思っています。園主が栽培し、収穫した野菜を会員へ発送するという事もできます(北本さん)。

説明会   2月15日(日) 、3月15日(日) 各日10時~
      ※参加希望の方は、下記の携帯へご連絡の上ご参加ください。 
申込先   090-9589-5666 北本
場 所   喜多乃家 福岡市東区大字勝馬257-4
年間費用  45000円(種・苗・肥料等含む)
メールアドレス hyakushouen.com@docomo.ne.jp