ここから本文です
HOME > 地域貢献活動 > 研修生が農業の基礎知識と栽培技術を学ぶ
ここから本文です

地域貢献活動

このコーナーでは地域貢献活動に関するさまざまな情報を、随時掲載してまいります。

一覧へ

研修生が農業の基礎知識と栽培技術を学ぶ

2019年7月3日 - JA自己改革:農業生産の拡大・地域の活性化
JA職員(中央)から、アイポット(育苗ポット)での育苗方法について説明を受ける研修生
JA職員(中央)から、アイポット(育苗ポット)での育苗方法について説明を受ける研修生
三苫イチゴ部会の堺さん(右)から、イチゴの栽培方法について話を聞きました
三苫イチゴ部会の堺さん(右)から、イチゴの栽培方法について話を聞きました

志賀島農業研修施設(福岡市東区勝馬)で勉強会を行いました。同施設のカリキュラムの一環として、JAの営農指導員が、土づくりに必要な知識や、農薬と肥料の使い方等について講義を行いました。その後、志賀島地区と三苫地区のイチゴ農家の圃場を見学。三苫地区の圃場では、志賀島では使用されていないアイポット(育苗ポット)を使った苗の育て方について知識を深めました。2人の研修生たちは、普段見る機会がない栽培方法を学びながら、営農指導員に積極的に質問していました。
今後も、農家での実習内容を深める座学に加え、管外の先進地見学や、農機の安全講習会、農産物直売所「愛菜市場」での研修などを計画しています。