ここから本文です
HOME > 地域貢献活動 > 甘夏の剪定学ぶ
ここから本文です

地域貢献活動

このコーナーでは地域貢献活動に関するさまざまな情報を、随時掲載してまいります。

一覧へ

甘夏の剪定学ぶ

2016年11月4日 - 志賀島の果樹部会
甘夏の剪定を学ぶ参加者
甘夏の剪定を学ぶ参加者

甘夏やニューサマーオレンジの産地の福岡市東区志賀島で4日、生産技術を高める「かんきつ剪定講習会」を開いた。福岡普及指導センターの與田果樹係長を講師に迎え、JA福岡市東部の折居果樹部会長ほか11人が技術を学んだ。
 講習会は、與田係長の基本的な剪定の説明後、上田さん他1人の果樹園で、余分な枝の除去を実践した。與田係長は「密植した園は樹高が高くなりやすい。残す樹に陽が当たるよう、間伐する樹は枝を計画的に間引き、最終的に間伐する。すると養分が実に行きわたり良い実が付く」と指導した。参加者は、與田係長が剪定する手本を興味深く観察し、木の特性や病害虫防除について積極的に質問し技術を習得していた。
 上田さんは「父から引き継いだが、会社員だったため今まで見よう見まねの作業だった。現場で指導を受け、勉強になった。今日を機に頑張りたい」と話した。